化粧水は不要?意味ないの?

洗顔後に肌が乾燥しないように化粧水をたっぷり使うのが良いと当たり前のように思っている人もいるでしょう。

しかし、実は化粧水は使うことのメリットはほとんどありません。

化粧水は、たっぷり使うことが前提の化粧品なので、そのほとんどが水分(水)です。その水の中にほんの少し保湿成分が配合されています。

なので、油分はほとんど入っていません。

もちろんたくさん使えばそれなりにしっとり感を得ることはできますけど、しっとりの正体は「肌に残った若干の保湿成分」なんです。

肌自体が潤っているわけではないんです。

なので、時間が経ってしまえば肌自体は元通りになってしまい、乾燥してしまうのです。

化粧水は肌が不調になる可能性がある

出典:フォトAC

「肌に潤いがある」と私たちは良く言いますけど、潤いが保たれているのは角質層です。

その為、角質層に水分が適度に保たれているなら肌は潤うことになります。

しかし、化粧水は角質の本来の機能を乱してしまい、肌を弱めてしまうリスクがあります。

角質が本来の機能を果たせなくなると、小じわや肌荒れ、ニキビなどの肌トラブルの原因になってしまうことになります。

なので、化粧水はむしろ使わない方が肌の潤いは保たれることになるのです。

クレンジングはお湯で十分だったり、化粧水は使わない方が良いだったり、どんどんと美容の常識も変わりつつありますね。

そんな美容に関する情報が満載のサイトがあるので紹介しようと思います。

それが美容美人というサイトです。

このサイトでは、むくみや冷えで悩んでいる人の対策方法や、お酒の飲み過ぎで肌荒れになる原因など、様々な美容に

関する悩みを解決する記事を発信し続けてくれています。

是非一読することをお勧めします。